Welocome to studio sizka

いらっしゃいませ。

 

studio sizka へようこそ。

基本的には岩永洋の個人ページです。

映像関連の活動のことを載せていこうかなと考えていますが、個人的なこともちょこちょこ書いていきます。

いろいろ行き届いていないところもありますが、よろしくお願い致します。

お仕事のご依頼等、なにかありましたらお気軽にCONTACTページよりメッセージをいただければと思います。

 

岩永 洋

よいお年を。

今年は半分くらいドラマW「片想い」をやってた。3月に準備が始まり、もろもろの仕上げが終わったのが9月くらい。

カメラマンとして、準備から仕上げまでキチンと関われるドラマはたぶんかなり珍しく、貴重な機会だった。なによりじっくりと作品に向き合えることはとても幸せでした。

2007年に映画学校を卒業して、10年。

学生時代にはドラマの撮影から色の仕上げまで自分がやるなんて想像もしてなかった。卒業するころにはcolorがFCPにバンドルされて、自分の監督としての処女作品はcolorで仕上げた。カメラはsonyのZ1Jで30pで撮ったんだったかな。当時はまだ映画学校はフィルムが中心でビデオ実習はあれどデジタルについての講義はなかった。デジタルについては自分で作品を作るなかで7割くらいはgoogle先生に教わった。あとは本と、ところどころお世話になった諸先輩方から。

DoFアダプター、5D、RED ONE、スマホ、DaVinci resolve…ツールもデジタルの恩恵をうけまくり、作った映像を露出する場所の選択肢も多岐にわたり個人で手軽に発信できるようになって。

今や映画館どころかレンタルビデオ屋が少なくなってきて。テレビの大型化とネットとの親和性の向上でNETFLIXやamazon primeの大量のコンテンツを大画面でお手軽に自宅で観れるようになった。オリジナルコンテンツやドラマからバラエティにアニメ、ドキュメンタリーに映画。

年末年始で映画借りようとTSUTAYAに行ったけど観たい作品、特に邦画はDVDばかり。amazon primeで検索するとHD品質であったりする。

VRやらARやら、どんどん新しくて面白いものが出てきてる。

ゲームではオープンワールドものが面白くて仕方ないし。これにVRみたいなもんが合わさった日には…

だからなに?ってことでもなく、今年を振り返ろうとしたらここ10年のことが頭をよぎってきて。

沢山の変化があったしこれからも沢山変化があるんだろう。

上善水の如し

柔らかく強く、自在にカタチを変えて自由に、低く流れて。

お金や時間に執着しすぎて、大切なことを忘れないように。この点今年はちょっと反省することが多かった。

自由でありたい。

今年も沢山の方にお世話になりました。ありがとうございました。

よいお年を。

リンクの動画は去年のおととい新宿で

釜山国際映画祭の思い出(つづき)

釜山国際映画祭に遊びに行ってきました。その2
(東京国際映画祭はじまりましたね)

プルコギのお店のあとも何軒かはしごして、タコを踊り食いしてみたり。気がつけば4時近く。翌日の上映も早いしタクシーでサクッと帰る。つもりがタクシー道を間違えて1時間近くロス…

タクシーといえば韓国はタクシー料金がすごく安くて使いやすかった。日本の半分くらい。

3日目
ということであまり眠れずに上映会場へ。
会場は新世界デパート(世界一の大きさの巨大デパート)に入っているCGVというシネコンの一番大きいスクリーン。CGVはCJエンタテインメントという韓国映画のオープニングなんかでよくみる会社の持っているシネコン。日本でいうTOHOシネマズ的なところ。

座席は300席超という箱でしたがスクリーンは前日の映画の殿堂ハヌル劇場よりも大きく、日本でみたことないほどの大きさでした(体感)。

上映環境としては、さすがは韓国1の大きさのスクリーン、綺麗に狙い通りのルックで上映してもらえました。海外セールス用の英語字幕入りDCPは韓国での制作で、自分ではチェックできていなかったので一安心。

上映も終わり監督と登壇。よくよく考えたら当たり前ですが、通訳の方についていただき、監督との関係が日本で撮影していた時と逆転。司会の方の質問の意図がうまく伝わらず解釈を間違えて変な返答をしてしまう…監督も通訳を介して演出をするのは相当な苦労があったんだろうなと撮影時の記憶に思いをはせる…すかさず「チェガチャルモッテッソヨ」と以前の現場で覚えた韓国語を披露。結構うけてたのでよかったです。「チェガチャルモッテッソヨ」は「私が悪かったです」の意味。「知らない、ふたり」という映画の撮影の時に韓国の役者さんとのコミュケーションの為に覚えました。何かと使えます。

お昼は韓国の友人オススメのデジクッパのお店へ。うまし。

夜はチョンジェウン監督がもう一本出品している「Ecorogy in concrete」を鑑賞。韓国語の本編に対しての英語字幕が恐ろしいスピードで進んでいくので半分くらいしか理解できていないと思いますが、それでも面白かったです。ソウルの団地の話。日本でいう光が丘の団地のような大きな団地がソウルにはたくさんあって、そこの成り立ちとそこに住む人々の昔と今の生活、都市計画、猫、人が芝を歩くことでできた道、などなど。自分も団地育ちなので、とても興味深く、団地とそれを取り巻く環境をみるめが変わりました。

夕飯は谷本夫妻とカムジャタンを食す。これが今回の韓国で食べた料理では一番美味しかったな。もう何が入っているかよく分からない鍋の中で煮込まれた豚の背骨からホロホロ取れるお肉が柔らかいの美味しいのなんの。書いててヨダレが出てくる…昼間は行列ができていたらしいお店。23時をまわっていましたが、大盛況でした。店名は見落としました…

4日目
午前中は宿の周りを少し散策して、お昼は路面店の小さなお店で一人ランチ。「ヨギヨーメチュワンビョンジュセヨ」ここまでで覚えた韓国語をフルに活用して軽快にビールを頼めました。ここで食べたラーメンが韓国で食べた中で一番辛かった。日本でも買える辛ラーメンよりちょっと辛いくらい。

 

午後は二ノ宮隆太郎監督「枝葉のこと」をのぞきに。プログラムで少しトラブルがあったみたいでスケジュールが動いちゃったりして集客が少し心配だったけど、それでも結構お客さん入ってました。上映中は笑い声もたくさん聞こえてきて、GV(GuestVisit)のQ&Aも盛り上がってました。上映後監督はお客さんからサイン攻めに。

夜はKOFIC主催のパーティへ。国際的なパーティでしたが、たくさんの日本人の方と知り合ったり、久しぶりにお会いする方もたくさんいたり、楽しい会でした。2軒目(?)は釜山のインディーズフィルムメイカー主催のパーティへ。ここでも約10年ぶりに諏訪監督にお会いしたり、日本の方や韓国の方と出会ったり、ひたすら映画談義を楽しみました。そのあとは、ここで意気投合したメンバーで夜の街散策へ…

5日目
ということで、釜山での生活も慣れてきたところで帰国。宿選びやら何かや色々失敗もあったけれど、楽しく刺激的な釜山の旅でした。また行きたーい。

おわり

 

そして東京では東京国際映画祭がはじまりましたね。
今回は全く関係した作品がありませんが、明日は純粋にお客さんとして東京国際映画祭に行ってみます。

連続ドラマW 東野圭吾「片想い」いよいよ今晩22:00から

連続ドラマW 東野圭吾「片想い」いよいよ今晩22:00からです。
原作は東野圭吾さんの傑作ミステリー。中谷美紀さんが性同一性障害の主人公を演じています。共演には、桐谷健太さん、国仲涼子さん、大谷亮平さん、鈴木浩介さんなど豪華俳優陣が集結。

撮影と仕上げを担当しました。

WOWOW未加入の方でも初回は無料放送があります。

キャストのインタビュー付きの予告動画も上がってます。ぜひご覧になってみてください。

監督は永田琴さん
照明は長田青海さん

準備から仕上げまで、気がつけば半年近くこの作品をやっていました。

よろしくお願いします。

作品ホームページ
http://www.wowow.co.jp/dramaw/kataomoi/

 

使用カメラ
BlackmagicDesign URSAmini
BlackmagicDesign URSAmini PRO
RED EPIC DRAGON(一部)
SONY FS7(一部)

色の仕上げ
MacPro + Davinci Resolve + BlackmagicDesign MiniPanel